駅前からマンション付近を散策

写真

左上・最寄りは東京メトロ丸の内線「新高円寺」駅で、徒歩3分。JR中央・総武線「高円寺」駅も徒歩圏内なので、後半でご紹介します! /右上・五日市街道沿いに歩いていくと、「ルック商店街」の入り口が見えました! こちらも後ほど散策してみたいと思います。(徒歩5分)/左下・「ルック商店街」を高円寺方向に進んでいくと、アーケードのある「パル商店街」に続きます。(徒歩10分)/右下・「新高円寺」駅からのお帰りの際は、駅出口より徒歩3分の「クイーンズ伊勢丹」でのお買い物が便利。五日市街道沿いには、「いなげや」や「まいばすけっと」もあります。(徒歩3分)

マンションへは
五日市街道をまっすぐ歩くだけ

写真

今回の目的地が見えてきました。程よく近隣の建物との距離も空いており、日当たり良好そうなマンションです!

写真

左上・コンパクトなエントランスですが、植栽もきちんと管理されており好印象。/右上・エントランス入ってすぐに管理人室があります。このロビーから先はオートロックになっています。/左下・共用廊下の途中にあるエレベーター。住戸の所在階まで上がります! /右下・物件があるのは最上階! 玄関前の見晴らしがとっても良好でした! これは期待が持てますねー。

写真

左・玄関ドアを開けると、モルタルを流した広~い土間がお目見え。/右・脇には大きなスチールラックが設置されています。無印良品っぽい・・・いや、これは “ぽい” ではなくてまさに無印の商品です!

売主さま

今回のリノベーションは、「MUJI HOUSE」の「MUJI INFILL 0(ムジ インフィル ゼロ)」を採用しました。 “0” には ”原点” という意味が込められており、すっぴんの住空間に、ご自分に必要なものをプラスしていくことで、自由自在にお住まいいただけるようになっています。

写真

まさに “すっぴん” という言葉がぴったりな、白とフローリングが気持ちよい空間。L字型のLDKを上手に活かしたキッチン配置で、リビングダイニングスペースが広くとられています。

売主さま

長い廊下やデッドスペースになる場所が生まれないように、できるだけ空間を広くとったのが特徴です。将来的にもうひとつベッドルームが欲しくなった場合は、バルコニー側のLDKを家具や建具で仕切っていただくことができるなど、可変性のある間取りになっています。

写真

壁に囲まれてはいますが、白で統一されているため意外と圧迫感のないキッチンスペース。シンプルで生活感があまりでず、かつ使い勝手がよさそうな仕上がりです。

写真

キッチンの目の前には北東向きの掃き出し窓があり、お料理をするときも気持ちよさそう。背後のスペースにかなり余裕をもって設置されているため、スチールラックを置いてもこんなに奥行きがあります。動線や収納アイテムに合わせていろいろとカスタマイズも楽しめそうです!

写真

ダイニングスペースからは、LDK内の3つの窓すべてを見ることができます。やはり、眺望はかなり期待できそうですね!

売主さま

フローリングは、天然木の節や入り皮などの特徴をそのまま活かした、オリジナルのものを使用しています。

ダイニング前のバルコニーに出てみました

写真

じゃーん! 見渡す限り、遮るもののない気持ちのいいビューです! 程よく緑も見え、頭上には青空が広がります。もちろん風通しもgood。気候のいいときは常に窓を開けておきたくなること間違いなしですね。

写真

こちらのバルコニーは幅、奥行きともコンパクト。せっかくなので、住戸の延長として楽しむのがよさそうです。プランター菜園で摘んできた夏野菜で朝ごはん、なんていかがでしょうか?

写真

室内に戻ってきました。リビングスペース側にもバルコニーがありますね。今度はこちらを見てみましょう!

売主さま

窓にはすべて二重サッシを採用しているので、通行音なども気にならずにお過ごしいただけます。断熱効果も高くなっているので、冷暖房効率もいいですよ。

写真

残念ながら正面にはお隣の建物がかぶさってしまっています。しかし距離は取れていますし、こちらは南西向きなので一日中日当たりがよさそうです!

写真

LDKとお隣の洋室を合わせた長さがあるので、洗濯物を干してもまだまだスペースに余裕があります。もちろんお布団干しのときにも大活躍してくれそう。

写真

バルコニー前から、玄関を振り返って見たところ。大きな照明は設置されていませんが、日中は十分な明るさが確保されています。中央奥の引き戸が水まわりの入り口です。後ほどご紹介しますね。

売主さま

可能な限り、光と風を感じることができる間取りにしました。窓を開け放っていただくと、とても気持ちがいいですよ。建具もすべて引き戸にすることで、換気のしやすい設計になっています。

LDKから洋室に移動します

写真

先ほど見たバルコニーに面した洋室は、6帖弱の広さ。LDKと同様、白い壁天井にフローリングでシンプルな装いです。

写真

造り付けの収納は設置されていませんが、スチールラックを使えばオープンクローゼットのよう。白シャツがなんとも似合う空間ですね。

最後に水まわりをチェック

写真

左・シンプルさが清潔感を際立たせてくれる、洗面脱衣所。/中央・ユニットバスもMUJIオリジナルのものが使われています。/右・トイレもシンプルにまとめられています。置き型の収納も追加できそうな広さです。

売主さま

洗面台は、造作のカウンターにオリジナルの洗面ボウルを組み合わせています。今回は住戸の内装を一度すべて壊して再設計する、スケルトンリノベーションを行っています。給排水管の交換はもちろん、温熱性能の見直しや下地の交換も行っていますので、より快適にお住まいいただける住戸になっていますよ。

「ルック商店街」を通って「高円寺」駅へ

写真

左上・カフェもぐんぐん増えているこのエリア。「COFFEE AMP THE ROASTER(コーヒー アンプ ザ ロースター)」は、自家焙煎した豆やテイクアウトコーヒーも楽しめます。(徒歩6分)/右上・老舗の喫茶店といえば「七つ森」。文庫本を片手に引きこもりたいスポットです。(徒歩7分)/左下・高円寺のサブカルチャー色を体現するかのような古本屋さん「アニマル洋子」。じっくりお気に入りを探してください!(徒歩9分)/右下・というわけで、「高円寺」駅南口に到着しました。北口方面にも賑やかな「高円寺純情商店街」が広がっています! (徒歩12分)

cowcamo

カウカモ編集部より

高円寺に住んでいると聞くと、“カルチャーに詳しい人なのかな” と思いませんか? 壁を埋め尽くすレコード棚とか、インポートものの雑貨とか、選りすぐりの古着とか。賑やかで、情報量が多くて、カラフル・・・そんなイメージはたくさんのショップが軒を連ねる「高円寺」の街そのものが持つ雰囲気にも近いかも。最寄りは「新高円寺」駅ですが、毎日のお買い物ができるお店から、ちょっとマニアックなスポットまで、徒歩圏内には魅力溢れるお店が満載なのです。


でもそうやって “好き” をひたすら突き詰めていくと、もしかしたらこういう空間に着地するのかもしれない。今回の物件を取材していて、そんなことを思いました。ひとりひとり、それぞれに “好き” は違うし、何に重点を置くかもその時々で変わっていきますよね。それに柔軟に答えてくれる住まいってなんだろう? と考えると、シンプルで、可変性があって、快適ということが大切なんじゃないかな、と。


ご覧いただいた通り、「無印良品」の世界観が前面に出ているこちらの住戸。ぜひ実際にこの雰囲気を体験していただきたいです。無垢材のフローリングの足触り、窓を開けたときの風通しのよさ、日当たりは、本当に室内にいて心地よいんです。もちろんこの雰囲気を大切にして、ミニマムに住まうのも素敵。でも、住む人によってカスタマイズされていくのを住戸が楽しみに待っている、そんな感じもするんです。 “0” というコンセプトでつくられた空間だからこそ、どう住まうかの可能性はたくさん。あなたなら、どう住まいたいですか?


カウカモマガジン「高円寺」特集記事もチェック!

【 #高円寺 】変わり続けているのに懐かしい街 / コクテイル書房