「東京スカイツリー」を望む 隅田川沿いに

写真

住戸のバルコニーからは、ゆったりと流れる隅田川を望めます。夜には目の前の橋がライトアップされ、いい雰囲気に♡  収納が充実した南東向きの2LDK。どこに何を置こうかイメージしながら、ご覧ください。

「蔵前」駅から 大通り沿いを徒歩1分

写真

左上・「厩(うまや)橋」のたもとに建つ1980年竣工・総戸数29戸のマンションです。隣には交番があり、安心感がありますよ。/右上・エントランスの右奥のピロティ部分には、駐車場と駐輪場があります。/左下・エントランスの先には管理室の窓口があり、こちらに管理人さんが週5日間いらっしゃいます。オートロックはありませんが、エレベーター内を含め、共用部分の各所には防犯カメラが設置されていますよ。/右下・住戸が所在する3階へ。玄関扉は、エレベーターを出てすぐ右側にあります。2014年に玄関扉の改修工事が行われ、二重ロックの扉に更新されています。

売主さま

マンションの1階部分には、約1帖ほどの広さのトランクルームがあります。2020年5月現在空きがあり、月額4000円でご利用いただけますよ。

cowcamo

隅田川沿いには遊歩道が整備され、近隣住民の憩いの場となっています。

お邪魔します!

写真

左・LDKにつながるガラス入り戸からは、玄関にまで明かりが届きます。玄関の照明は人感センサー付きで、スイッチを押す手間が不要。荷物を抱えて帰宅した際などに便利ですよ。/右・土間スペースは比較的広く、ベビーカーを折り畳んで置ける広さがあります。また下足入れと玄関扉の間には、傘立てを置くのにぴったりなスペースも設けられていました。

まずはLDKへ

写真

南東向きのバルコニーに面した、約13.7帖のLDK。ブルーがかったグレーのクロスが、空間に柔らかい雰囲気をもたらしています。

バルコニーからは……

写真

気持ちのいい、隅田川ビュー! 水面を望むのには、ちょうどいい高さ◎ 周囲に背の高い建物がないため、日当たりもよく洗濯物もカラリと乾きそうです。

写真

バルコニーはLDKと隣接する、洋室の前まで伸びています。左に目をやれば「東京スカイツリー」がひょっこり。厩橋は夜にライトアップされるので、夜景にも期待できますね♡

cowcamo

大通りが近いともあって、室内にいても車の走行音が聞こえてきました。感じ方には個人差がありますので、現地でご確認くださいね。

LDKに戻ってきました

写真

写真左側にはリビング収納が。可動式の棚が備わっていて、掃除道具や家電の説明書などをしまうのにピッタリ。続いて右奥にあるキッチンを覗いてみましょう。

ほどよく独立した キッチン

写真

左・キッチンは、3口コンロと食洗機付き。脇の棚にはお花を飾ったり、コーヒーメーカーを置いたり、何かと活用できそうですね。/右・キッチン背後には、冷蔵庫や食器棚を置けるスペースが確保されています。生活感が出がちなキッチン家電もリビングダイニング(LD)から見えないのはうれしいですね。

LDK隣の 洋室Aへ

写真

先ほどのバルコニーに面した洋室A。こちらのアクセントクロスは、やわらかなブラウンカラーです。

写真

左・広さは約5.8帖。正面の扉の中にはウォークインクローゼット(WIC)があります。/右・奥行きがあり、L字にハンガーパイプと枕棚が備わっていますよ。

cowcamo

収納ケースなどをプラスすれば、かなりの量を収められそう!

廊下に戻って 洋室Bへ

写真

共用廊下に面した窓がある洋室B。窓の外には、お花のようなデザインの格子が付いているので、防犯面には安心できそう。

cowcamo

1フロアにあるのは3住戸で、窓の前を通過するのは一世帯のみ。人の往来はほとんど気にならなさそうです。

写真

洋室Bのアクセントクロスは青みがかったグレー。約4.3帖の広さで、奥行きが深いクローゼットが設けられています。

最後に 水まわりをチェック

写真

左・玄関上がって左側にある洗面脱衣室。洗面台の下や鏡裏、洗濯機置き場上には収納が確保されています。/中央・浴室は追い焚き機能と浴室乾燥機付き。照明は電球色に調光可能で、くつろぎのバスタイムを過ごすことができますよ。/右・トイレにも収納が備わっています。

散策が楽しい クラフトの街

写真

左上・最寄りは都営大江戸線「蔵前」駅で、徒歩1分。浅草線「蔵前」駅へも徒歩4分と、行き先に合わせて路線を使い分けられますよ。/右上・国際通り沿いにある「CAMERA(カメラ)」は、レザーブランド「numeri(ヌメリ)」を扱うセレクトショップ&カフェ。カフェでは「MIWAKO BAKE(ミワコベイク)」のスイーツや、ボリューム満点のカフェご飯などをいただけます。(500m 徒歩7分)/左下・春日通り沿いに店舗を構えるバーガースタンド「McLean(マクレーン)」。ジューシーなハンバーガーにかぶりついた後は、併設の「LEAVES COFFEE APARTMENT(リーブスコーヒーアパートメント)」で食後のコーヒーを。(37m 徒歩1分)/右下・“食・健康・日本文化を結ぶ場” をコンセプトとした、食事処「結わえる 本店」 。人気商品は、もちもち食感がクセになるの「寝かせ玄米」。ぜひ一度お試しください。(110m 徒歩2分)

“浅草エリア” も生活圏内

写真

左上・浅草を代表する老舗「駒形どぜう 本店」。1801年創業で、江戸時代の情緒を今に残します。タイムスリップしたかのようなお店の雰囲気とともに、浅草名物の「どぜう鍋」を堪能しましょう。(400m 徒歩5分)/右上・「ペリカンカフェ」は「パンのペリカン」直営のカフェ。評判の食パンを炭火トーストでいただけます。行列必至のお店ですが、ご近所さんなら空いている時間を狙って利用できますね。(500m 徒歩7分)/左下・隅田川沿いにある「CAFE MEURSAULT(カフェ ムルソー)」は、開放感溢れる川側の席がオススメ! 夜はライトアップされた街を見ながら、お酒も楽しめます♡(640m 徒歩8分)/右下・東京メトロ銀座線「浅草」駅も利用可能。始発駅なので、座れる確率が高いのはうれしい。(500m 徒歩7分)

cowcamo

最寄りの「蔵前」駅から徒歩1分と駅近なのに加え、2駅3路線が利用可能という交通利便性の高い立地です。都心だけでなく、都営浅草線をご利用になれば「羽田空港」や「成田空港」までダイレクトにアクセスできますよ。

cowcamo

カウカモ編集部より

古い建物をリノベーションした、お洒落なショップやカフェが点在する「蔵前」。“東京のブルックリン” とも呼ばれています。今回は、そんなエリアに立地する “駅徒歩1分・隅田川ビュー” という、いいとこ取りの物件をご紹介します。


住戸は、南東向きで日当たり良好な2LDK。各部屋には優しい色合いのクロスが貼られ、住戸全体柔らかい雰囲気でまとめられています。収納が充実しているので、おふたり暮らしはもちろん、小さなお子さまがいらっしゃるファミリーさんでもゆったりと暮らせそう。


マンションは総戸数29戸と小規模ではありますが、日勤の管理人さんがいらっしゃり、週5日間勤務されています。また過去の工事履歴を確認すると、2012年の大規模修繕工事をはじめに、小まめな修繕が行われていました。


お買い物事情はというと、近所には8時00分~23時00分営業の「まいばすけっと 蔵前駅前店」(300m 徒歩4分)や24時間営業の「miniピアゴ蔵前2丁目店」(450m 徒歩6分)などのミニスーパーがあります。少し足を伸ばせば大きめのスーパーもあるので、休日に買い込み、平日に足りないものがあれば近所で済ませる、という暮らしのイメージができました。


唯一気になったのは、室内でも微かに聞こえる走行音。感じ方には個人差がありますので、現地でお確かめくださいね。


街の楽しさはもちろん、通勤のしやすさも妥協したくない方に、東京イーストサイドから「蔵前」を推薦します! ぜひ「隅田川テラス」や「浅草」などのご近所を散策しながら、現地に足を運んでみてください。お問い合わせお待ちしております!!

writer : 大川 晶子 / editor:野原 茂香