cowcamo

リノベにちょうどいい “ハコ(未改装物件)” と、住戸に合わせて考えた “デザイン(間取り・内装)” を組み合わせる「SELEC(セレック)」というサービスでご紹介します。工事前であること、販売金額に加えて各プランの工事費用がかかる点は、ご留意ください。

「SELEC」とは?

写真

条件に合う工事前の物件と、暮らしに合わせたデザインを選択して、組み合わせることができるサービスです。

cowcamo

より詳しい説明は、「SELEC」の紹介ページをご覧ください!

現在の間取り

写真

こちらの住戸が今回の舞台で、現在の間取りは和室を含む2DK。3階に所在している南東向きの住戸です。

cowcamo

立地や広さに沿って考えた、ふたつの間取りをご紹介します!現地ではほかのプランもご紹介できますので、気になる方はお問い合わせください。

カウカモプロデュースの 「キッチンチャットプラン」

写真

対面式のキッチンと広く取られたリビングダイニング、そしてオープンクローゼットのある洋室を配した、1LDKの間取りです。【工事費は950万円(税込)】

cowcamo

ここからは、イメージ画像とともに見ていきましょう! ただ、画像で表現されている色や部材など仕様については、変更となる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

写真

左上・南東向きのLDKは、約17.5帖と開放感のある設計。大きな窓からたっぷりと光が差し込んできます。/右上・窓の前から振り返るとこんな感じ。オーク材の突板フローリングの自然なカラーを基調に、壁には一部クリーム色のアクセントクロスが。躯体現しの天井にはホワイトの塗装を施して、空間にメリハリを効かせています。/左下・キッチンスペースは、調理家電や食器棚を置くスペースを広めに確保。カウンターが備わっているので、お料理をしながらでも会話を楽しめそうです。天井は板張りになっていて、シックな印象。/右下・木目調パネルが室内の雰囲気とマッチしていますね。

写真

左上・対面式のキッチンなので、リビングダイニング(LD)ともこの距離感。お料理の配膳も楽チンですね!/右上・プライベート感のある約4帖の洋室。窓から入る明るい日差しのおかげで閉塞感はなさそうです。こちらの窓からは、バルコニーへ出ることができます。/左下・窓を背にして見たカット。天井の高さまであるオープンクローゼットには、カーテンレールを設置する予定です。/右下・こちらは廊下収納。収納量をお見せするため、扉をすべて外した状態にしてみました! 実際には扉が付きますのでご安心を(笑)手前から、L字のシューズインクローゼット(SIC)、ハンガーパイプが備わったクローゼット、可動棚付きの収納がずらりと並びます。お出かけ用のアウターや掃除家電、食品庫などいろんな用途に対応できるBIGな収納スペースです♡ 

cowcamo

画像で表現されている家具や照明・小物類はイメージ用で、物件には付属しませんのでご注意を!

もうひとつの 「スタンダードプラン」

写真

ベーシックな内装でまとめられるスタンダードプラン。ダイニングスペースと洋室Bが引き戸で仕切られるので、開放して洋室をリビングスペースにするのも◎ 食事とくつろぐスペースをゆるく分けられる2DKの間取りです。キッチンは独立型なので、生活感を隠したい方にもおすすめ。 【工事費は680万円(税込)】

写真

こちらのプランの内装では、フローリングと建具を4つのカラーからお選びいただけます。この画像は各カラーのイメージなので、詳しくはご相談ください。サンプル素材と一緒にご説明させていただきます!

改装前の住戸

写真

左上・住戸内はリノベーション工事前なので、このような感じです。間取りは、ダイニングキッチンと洋室・和室からなる2DK。/右上・洋室側の窓は掃き出し窓ではありませんが、ワイドな開口で採光は◎ 柱の出っ張りは構造上リノベーション後も残ります。/左下・和室は約5.8帖の広さ。室内には年季が入っていますが、窓のサッシは2020年1月に交換されたばかり♡/右下・南東向きのバルコニーへ。マンションは住宅街の中に建っているということもあり、周囲には建物が隣接しています。しかし、目線の先は開けているので、しっかりと空を仰ぐことができますよ。

cowcamo

プランをお選びいただいたあと、リノベーション工事を行います。その際、施工する工務店には指定がありますので、ご留意くださいね。

マンションのご紹介

写真

閑静な住宅街の中に佇む、1982年竣工・総戸数36戸のやや小規模なマンション。1階には有名なバレエスクールが入居しています。

cowcamo

直近では2007年に大規模修繕工事を実施。2013年には屋上他防水保護塗装工事、2014年にはエレベーターリニューアル工事など、こまめに修繕を行なっています。

写真

左上・エントランスは道路から少し奥まった場所にあります。スロープが備わっているので、スーツケースでの移動も◎/右上・外観と同じくタイル貼りのエントランスホールには、管理人室窓口と集合ポストが。/左下・さらに奥まで進むと、宅配ボックスとエレベーターがあります。どの設備も真新しく清潔感がありますよ。/右下・住戸がある3階の共用廊下。ダブルロックの玄関扉は2016年に新しいものに交換されていて、防犯面での安心感が◎ 扉のお向かいには別住戸の玄関があります。

cowcamo

管理人さんは月曜日の7:30〜14:30、火・水・土曜日の8:30〜15:00、木・金曜日の8:00〜15:00に勤務されています。また2020年4月現在、駐輪場(屋根付き:月額1,000円、屋根無し:月額500円)、バイク置き場(排気量によって価格が異なる)にはそれぞれ空きがございます。状況は変動しますので、利用希望の方は改めてご確認いたします。

賑わいは「後楽園」 最寄りは「春日」

写真

左上・東京メトロ丸の内線・南北線の「後楽園」駅までは徒歩12分。周辺にはさまざまなイベントが行われる「東京ドーム」や、天然温泉をはじめとした複合商業施設「LaQua(ラクーア)」があり、賑わいのあるエリアです。/右上・物件の最寄り駅は都営大江戸線・三田線「春日」(徒歩11分)。周辺には昔ながらの商店街がちらほらと。そのひとつが「柳町仲通り商店街」。距離は短いですが、お手頃価格の八百屋さんやドラッグストアなど生活に便利なお店が揃っています。(600m 徒歩8分)/左下・品揃えが豊富なスーパー「ダイエー 小石川店」は心強い24時間営業。帰りが遅くなっても安心ですね。(600m 徒歩8分)/右下・うなぎ屋「わたべ (和田邊)」では、70余年継ぎ足しのタレを使ったうなぎの蒲焼きをいただけます。築地で仕入れた新鮮なお刺身や焼き魚、煮魚もおすすめ。(750m 徒歩10分)

おしゃれなお店も外せません♡

写真

左上・茗荷谷方面へ歩を進めると、桜の名所「播磨坂(はりまざか)さくら並木」が。夏の新緑や冬の木枯らしの時期も、趣がありそうですね。(500m 徒歩7分)/右上・「Tanta Roba(タンタローバ)」は、『“茗荷谷エリア” でイタリアンを食べるならここ!』と評判高いイタリアンレストラン。手打ちのタリアテッレや自家製パンをぜひ味わってみてください。(550m 徒歩7分)/左下・ベーカリーも兼ね備えているカフェ「Arissara(アリッサラ)」。欧風デザインの外観ですが、提供しているメニューはアジアンフードがメイン! 異色感が素敵なお店です。(550m 徒歩7分)/右下・落ち着いた住宅街にあるピッツェリア「青いナポリ」。一軒家のおしゃれな店内で本格イタリアンが楽しめます。(400m 徒歩5分)

cowcamo

カウカモ編集部より

暮らし方でデザインを選び、条件に合った工事前の物件と組み合わせることができるサービス「SELEC」。その舞台となる住戸の広さは約56㎡。面積や立地、窓の位置などを踏まえて、プランをご紹介。ぜひご自身のライフスタイルに合わせて、お選びください!

【キッチンチャットプラン】

1LDKの間取りで、本体価格 3,500万円+工事費 950万円(税込)
「人を呼んでキッチンに集える部屋」が今回のテーマ。キッチンまわりの空間にゆとりを持たせ、お料理をしながら会話を楽しめます。内装はシックで大人っぽく、木目が映える明るい雰囲気。デザイン的なこだわりと、使いやすさのバランスを保ったプランです。

【スタンダードプラン】
2DKの間取りで、本体価格 3,500万円+工事費 680万円(税込)
食事とくつろぎのスペースをしっかりと分けられるプランです。仕切りの引き戸を開けることで、約12.9帖のリビングダイニングとしても使用可能。可変性のある間取りは、ライフステージに合わせて住まいをアレンジできますよ。

この記事ではご説明しておりませんが、上記以外にもカウカモがプロデュースするプランをご紹介できます!

ご注意いただきたいのは、冒頭に表示されている販売価格は改装前の物件金額ということ。こちらに別途リノベーション工事費用がかかります。お好きなプランをお選びいただいてから、リノベーション工事を行います!

現在、オンラインでの個別相談も承っているので、間取りや内装の詳細もお気軽に問い合わせください。より詳しくご説明いたします! 加えて、こちらの物件以外でこのプランを使いたいという場合にもぜひご相談ください。お問い合わせ時、備考欄に記載いただければと思います。

賑やかさと落ち着きを兼ね備えた周辺環境と、管理体制良好で安心感のあるマンション。さいごに選ぶのは、あなたの理想に合わせた暮らしのプラン。ぜひ、ビビッと来たものをお選びください。きっと、完成したときにその選択が正しかったと感じていただけるはずですよ♡

writer:熊谷 緑 / editor:平野 翔子