大都市に囲まれながらも 独特の落ち着いた空気が流れる広尾

写真

左上・東京メトロ日比谷線の通る「広尾」駅。商業施設「広尾プラザ」や商店街「広尾散歩通り」があり、落ち着いた街並みの中にも活気があります。(徒歩7分)/右上・周辺住民の癒しとなっている「有栖川宮記念公園」。麻布台地の変化に富んだ地形を生かした緑深い公園です。休日のお散歩にいかがでしょうか。(徒歩10分)/左下・「有栖川宮記念公園」のすぐ目の前にある「ナショナル麻布スーパーマーケット」。世界中から選りすぐられた品々が並びます。(徒歩10分)/右下・バリスタが常駐する本格派コーヒーのほか、ドーナッツやポケットサンドも美味しい「CANVAS TOKYO(キャンバス トウキョウ)」。(徒歩4分)

広尾と恵比寿の間に建つマンション

写真

マンションを裏手から見たところ。敷地の隣を「渋谷川」が流れています。

写真

左上・マンションは「明治通り」から一本裏に入ったところに建っています。西側が「明治通り」に抜ける道路に接しているため、日中はそれなりに車通りがあります。/右上・お手入れの行き届いたマンションエントランス。/左下・エレベーターホールはエントランス入ってすぐのところにあります。その手前には管理人室があり、住込みの管理人さんが週6日いらっしゃいます。/右下・エレベーターホールから各住戸までは外廊下で、非常階段とも直結しています。

売主さま

2015年には玄関ドアを交換、2016年にはペアガラスに交換と内窓の設置をするなど適宜メンテナンスが行われています。修繕積立金も1億円以上貯まっていますよ。

凹みの奥には素敵な照明がキラリ

写真

左・廊下から一歩奥まった位置にある玄関扉。ほかの住戸の扉は共用廊下とダイレクトに面している中、この住戸だけ奥まっていてプライベート感がありました。/右・室内に入ると横長な土間スペースがお出迎え。左手には傘も入れておける収納スペースが設置されています。

写真

左・土間を進むと右手に全身鏡があります。お出かけ前に身だしなみのチェックもぬかりなくできそう。そして左手の扉には・・・/右・どーんと広いシューズインクローゼット(SIC)が! 靴以外にもゴルフバックやアウトドアグッズなどたっぷり収納できますよ。

写真

左・全身鏡の奥に見えていた扉の先はトイレ。手洗い付きです◎/右・鏡面仕上げの建具に続く、大理石調のタイルが敷かれた廊下。天井が高く、圧迫感がなかったのも特徴。

売主さま

玄関、トイレ、SICには人感センサーを採用しています。トイレやキッチン、洗面台の水栓はすべてハンズフリーです。

廊下に面する洗面スペースへ

写真

左・五面鏡収納&ツーボウルの洗面台。思わず「広い!」と声を出してしまった、洗濯機を置いてもゆとりある空間です。/右・浴室乾燥機付きのバスルームもゆったりサイズ。足を伸ばして、リラックスしたバスタイムを楽しめそう。

こちらも廊下に面する洋室A

写真

なんとこちら約10帖の広さがある洋室。二重サッシの奥、擦りガラスの先は隣のマンションの共用廊下なので、音や視線に配慮されています。自然光は入りにくいですが、ベッドルームとしては落ち着いた空間です。

写真

左・左手に見えていた扉の先はウォークインクローゼット(WIC)。コの字型に棚が付いていて、扉正面には巨大な鏡が! WIC内でスタイリングをチェックできるのは便利そうです。/右・美しい照明がホテルライクな印象。これだけ広ければ大きなベッドもすっぽりおさまるでしょう!

それではLDKへ・・・

写真

大きな開口が特徴的なLDK。引き戸で間仕切る洋室Aにもアクセスできます。

写真

システムキッチンには天然石のような質感ながら、お手入れしやすいクォーツストーン天板を採用しています。作業スペースもかなり広々しているので、お料理に手間取ることはなさそう! 向かいにはカップボードも付いているので家電はこちらへ。

写真

食事の準備や洗い物中でも家族とのコミュニケーションはスムーズな対面キッチン。ホームパーティにも向いてますね。コンロまわりには油はね防止のガラスが付いているので、お掃除も気にせずお料理できそう。

写真

広さは約22帖と大きな家具も問題なく置けるのではないでしょうか。そして眩い光を放っている壁付きの照明、実はスワロフスキー製なんです・・・! こちらはぜひ現地で見てみてくださいね。

さてバルコニーに出てみましょう!

写真

正面には大規模修繕中のマンションが建ちます。バルコニーがこちらに向いている住戸もあるので、薄手のカーテンの設置をおすすめします。眼下は「明治通り」に抜ける道路なので交通量は多め。室内でもやや走行音が聞こえてきました。

写真

LDKから隣の洋室まであるロングなバルコニー。ご家族の洗濯物を干す以外にもガーデニングを楽しむ余裕がありますよ♪ 西向きですが周囲も背の高い建物が多いので、きつい西日が入る心配はあまりなさそう。

写真

室内に戻ってきました。LDKに面する洋室Bも開け放った状態だと、約28.5帖の大空間に!

写真

洋室Bは約6.5帖の広さ。LDKと同じ間接照明が設置され、奥にはタイルのアクセントウォールが採用されています。個室として使わない場合には、左手の収納に生活備品などをしまうのもいいですね。

写真

うっすらと模様のはいったクロスが壁と天井に貼られ、フローリングは幅広タイプです

写真

洋室Bの引き戸を閉めるとこんな感じ。閉めても閉鎖感はほぼありませんでした。最後に左手の扉から洋室Cをチェックしてみましょう。

写真

洋室Bよりやや広く取られた洋室Cは約6.7帖。窓は洋室Aと同じ向きにあり、一部洋室Aともつながっています。

売主さま

スケルトンからのリノベーション工事を行い、間取りも使いやすくなるよう大きく変更しました。

写真

左上・食通を唸らせる飲食店もたくさんあるこの立地。ジビエが美味しいフレンチレストラン「MANOIR(マノワ)」は家族の特別な日にぴったり。(徒歩1分)/右上・カリフォルニア料理を味わえる「fummy's grill(フミーズグリル)」もすぐ近く。あっと驚く創作洋食をいただけますよ!(徒歩2分)/左下・焼きたてのドイツパンとコーヒーを楽しめる「FRAU KRUMM(フラウクルム)」。プロテニスプレーヤー伊達公子氏監修のベーカリーで、ヨーロッパでの生活を体現するブランドとしてオープンしています。(徒歩5分)/右下・恵比寿のランドマークとも言える恵比寿ガーデンプレイスも徒歩圏内。「恵比寿」駅には歩いて11分!

cowcamo

カウカモ編集部より

恵比寿と広尾をつなぐ桜並木が美しい「明治通り」から、一本奥まった場所に建つマンション。夜間に駅から帰宅するにも心強い立地。住所は広尾、すぐ近所は西麻布、そして恵比寿も徒歩圏内◎「目黒」駅や渋谷・新宿・品川といったターミナル駅へも、広尾からは都バスでアクセスできるのも魅力です。平日はお仕事が忙しいので便利なエリアは必須、だけど休日やプライベートはほっと一息つける環境を求める方に合いそうです。


総戸数81戸のマンションは几帳面な住込みの管理人さんが、セキュリティの目をしっかりと光らせていました。写真には載せていませんが地下にも駐車場があり、現在空きあり(月額4万円)。駐輪場は大変人気で、しばらくは空きは出ないとのこと。お部屋まで自転車を持って上がる方も多いそうです。


住戸は11階建ての3階と、比較的低層に位置します。エレベーターは1基でしたので、混み合いそうな朝の時間は階段利用するのもアリですね。バルコニーに面するLDKでは、日中走行音がうっすらと聞こえます。気になる方は現地でご確認くださいね。取材日は気温の低い日でしたが、大きな開口の割にあまりお部屋全体が寒くなかったことにうれしいギャップ。そして天井の高い廊下や水まわり、広い個室からゆとりをしっかり感じました。


そしてマンションの1階には昔ながらのふとん屋さんが入っています。お子さまの体操着や下着など急遽必要になった時に価格も安くて大助かりなんだそう。敷居の高いイメージのある広尾ですが、こんな気取らないお店も多い茶目っ気のある街なんです。ゆったり居を構え、暮らしながら街の新たな一面を見つける生活ができそうですね。内見のご依頼、お待ちしています!


カウカモマガジン「広尾」特集記事もチェック!

【 #広尾 】広尾に住んでる人は、国際スーパーマーケットで何を買ってるの?