カウカモ常連さんの「目黒」

写真

左上・今回ご紹介する物件の最寄駅は、JR山手線、東京メトロ南北線、都営三田線、東急目黒線が乗り入れる「目黒」。駅ビルには「atre(アトレ)目黒」が入っており、日用品はこちらで揃えることができますよ。(徒歩7分)/右上・こちらは名画座「目黒シネマ」。懐かしのあの映画からニッチなミニシアター系まで、さまざまな作品を上映しています。(400m 徒歩5分)/左下・目黒駅から少し坂を下ると、個性的な飲食店が建ち並ぶ「権之助坂商店街」が。美味しい居酒屋やB級グルメの店など、その数なんと約250店舗!足繁く通って自分のフェイバリットを見つけてみては?(350m 徒歩5分)/右下・桜の名所「目黒川」は物件から徒歩6分。ペットとのお散歩やランニングコースとして定番化しそう。(450m)

カウカモ常連さんの ヴィンテージマンション

写真

駅から歩くこと7分……現れたのは、つい先日も取材に訪れた、カウカモの “常連さん”。A棟・B棟・C棟の3棟からなる、総戸数118戸のビッグコミュニティで、今回ご紹介する住戸が所在するのは、12階建てのA棟。なお、現在マンションの斜め向かいで新築マンションを建設中なので、日中は工事の音が聞こえてきそうです。

cowcamo

最短ルートは急な坂道を通りますが、目黒通りを通るルートは、比較的緩やかな坂道です。距離を見ても数十メートルしか変わらないので、後者のルートがオススメ。

写真

左上・各棟の中央に位置する駐車場。2019年9月現在空きがあり、月額32,000円で利用できます。空き状況は変動いたしますので、随時お問い合わせくださいね。/右上・植栽と池に心が和むエントランス。/左下・エントランスホールの左手には、ガラス窓に囲われた管理人室が。宅配ボックスが備わっているのがうれしいポイント。/右下・正面のモザイク画と螺旋階段をズームアップ。青空をバックに羽ばたくハトが、たまらなくレトロ! ちなみに階段を上がると、これまた昭和テイストな集会室がありますよ。それでは右側にあるエレベーターで7階へと向かいましょう!

売主さま

2019年現在築51年という、長い歴史を持つヴィンテージマンションです。2013年には大規模修繕工事が行われており、今後の修繕計画もしっかり立てられています。丁寧にメンテナンスされ、住み継がれてきた建物ならではの風格を感じていただけると思いますよ。

cowcamo

細則がありますが、ペットの飼育が可能です! また、管理人さんは月曜〜金曜日の朝8時〜夕方5時まで勤務されていますよ。

お邪魔します

写真

左・ゆったりとした共用の外廊下。手前のドアがご紹介する住戸の玄関ドアです。それでは、お邪魔します!/右・ガチャリ。土間左手には、姿見鏡付いている下足入れが備わっています。まずは突き当たりの、眩い光が漏れているドアから、約13.5帖のLDKへと進みましょう!

ふんわり浮遊感

写真

わあ! 二面採光で明るい上に、掃き出し窓の先に広がる眺望の抜けがすごい! ドアを開けた瞬間に開放感に包まれますよ。

まずはキッチンからチェック

写真

左・食洗機が備わっている対面式キッチン。左手には南東向きの腰窓があり換気もしっかりできそうですね。/中央・キッチン背面のスペースはゆったり広々。/右・腰窓から外を見た様子。正面は棟の屋上なので、開けていても滅多に人目が気になるということはなさそうですよ。

cowcamo

キッチン横の腰窓を開けていると、とっても心地よい風が室内に流れ込んできました。爽やかな風に当たりながら軽やかに料理をすれば、美味しさもグンっとアップしちゃいそう。

写真

キッチンの横からリビングダイニング(LD)を見たカット。南西向きの掃き出し窓から差し込む優しい光と、ナチュラルな風合いのフローリングの相性が◎

写真

角度を変えて。日差しによってできる影って、なんだか癒されますよね……。それではバルコニーに出てみましょう!

cowcamo

写真のように、LDKと隣り合う洋室Aの引き戸を開け放てば、約19帖の一室にすることもできますよ。

街を見下ろして

写真

スコーンっと視線が抜ける、気持ちいいビューです! 実は、視線の方角に向かって緩やかな下り坂になっているおかげなんですよ。

写真

バルコニーは洋室Aの前まで続いているワイドスパン。上部には物干し金具が備わっています。

室内に戻りましょう

写真

キッチンの左手に見えるドアは水まわりにつながっています。さて、続いて洋室Aを見てみましょう!

約6帖の洋室A

写真

LDKと同様、こちらの掃き出し窓からもバルコニーに出ることができますよ。

cowcamo

撮影時に洋室Aの照明を点け忘れてしまう失態を犯してしまったのたのですが、ご覧のように日中は照明を点けなくても十分な明るさでした。とはいえ、大変申し訳ございません……(泣)

写真

左・角度を変えて。掃き出し窓のお向かいにはクローゼットが備わっています。/右・引き戸を閉めるとこんな感じ。

再びLDKへ

写真

洋室Aとを仕切る引き戸を閉めてみました。閉めていても、二面にある窓のおかげで、十分開放感がありましたよ。

水まわりを見てみましょう

写真

左・キッチン横からアクセスする洗面脱衣室。左には洗濯機置場があります。/右・1416サイズのバスルーム。フラットラインの照明がスタイリッシュです。

廊下に戻って

写真

左・LDKを後にし、廊下へ戻ってきました。左右に並んでいるドアは、左手がトイレと洋室B、右手がファミリークロークにつながっています。/右・すっきりとしたフォルムのトイレ。上部には吊り戸棚が備わっています。

大充実の廊下収納

写真

左・ファミリークロークってなんぞ……? と思った方も多いのでは。こちらは大容量の収納スペースなんです! ハンガーパイプやオープン棚が備わっているので、季節家電から洋服まで、ジャンルも大きさも選ばずにさまざまな物をしまっておけますよ。/右・さらに、下足入れの隣の折れ戸の中にも収納スペースがあるんです。こちらには可動棚が備わっています。

cowcamo

これだけ収納スペースがあると、安心してどんどん買い物をしちゃいそう(笑)

最後に洋室Bへ

写真

洋室Bの広さは約6.3帖。共用廊下に面している、北東向きの腰窓があります。

写真

角度を変えて。掃き出し窓のお向かいにはクローゼットが備わっています。

見所満載の「目黒」

写真

左上・目黒川沿いの「目黒区民センター」には図書館やプールもあり、おヒマな時間を潰すのにぴったりなスポット。登録すれば誰でもレンタルできる、シティサイクル置場もありますよ。電動自転車で周辺をスイスイ散策してみては。(500m 徒歩7分)/右上・個人的に大好きな、目黒通り沿いにあるカレー屋さん「LAND(ランド)」。たくさんのスパイスがバランスよく混じり合った絶品カレーをご賞味あれ。(650km 徒歩9分)/左下・インテリアショップも多いこのエリア。「COMPLEX UNIVERSAL FURNITURE SUPPLY(コンプレックス ユニバーサル ファニチャー サプライ)」には、ミッドセンチュリーの家具や雑貨が揃っていますよ。新生活のお供にどうぞ。(300m 徒歩4分)/右下・街を歩いていて、やっぱり気になるのはパン屋さん。目黒の老舗ベーカリーといえば「HOBS(ホーブス)」。惣菜パンなどが人気で、この日もお子さま連れのお客さんで賑わっていましたよ。(300m 徒歩4分)

cowcamo

カウカモ編集部より

カウカモ編集部内でも名のよく知れた、あのヴィンテージマンションがまたまた登場です。

カウカモ命名 “目黒ヴィンテージヒル(詳しくはこちら)” に建っているこちらのビッグコミュニティ。レトロで可愛いらしい雰囲気に、胸キュンしてしまう人が続出しているんだとか。前回の取材で訪れた編集部メンバーも、エントランスにある鳩のタイルアートにやられてしまったそう。また、見た目やディティールだけでなく、中身もしっかり者なのがファンを惹きつける理由なんです。

まず魅力的なのが共益費。全3棟・総戸数118戸という規模があるため、月々のランニングコストは比較的抑えめ。その中で、管理費よりも修繕積立金に重きを置いた徴収バランスはとてもgood! 丁寧に修繕工事を重ね、なかなか手が回りづらい箇所である、住戸の玄関扉の更新まで実施されています。


次にマンションの管理体制も見逃せません。オートロックはありませんが、エントランスホールでは管理人さんが入館する方に声かけをされていて、セキュリティ面への配慮を感じました。宅配ボックスが追加装備されているところも、時代の変化に寄り添ってくれているようで好感度◎

さらに、ペットの飼育が可能(細則あり)ときたら、我々編集部が何度も取材にきていることも納得ですよね。駅からマンションまでのルートで、坂道は避けられないものの、これだけの好条件が揃っていたらへっちゃらな気がします(笑)

さて、今回の住戸は7階に所在する2LDK。二面に窓があるLDKの、開放感と気持ちよさはぜひ現地で体感してほしいところ! 個人的にはナチュラルな色味のフローリングと、掃き出し窓から差し込む光と青空の相性のよさにもご注目いただきたいですね。

そして、忘れてはいけないのが収納の多さ! 各個室にしっかりとクローゼットが備わっているのに、廊下にもファミリークロークと可動棚付きの収納があるなんて……。収納を使いたくて使いたくて、わざわざ物を増やしちゃいそうなほど、たっぷりスペースが確保されています(笑)

マンションにも住戸にも、あったらうれしいものがちゃんと備わっている……そんな物件です! このエリアでお住まいをお探しの方は、ひとまず候補に入れてみてください。きっと、お気に召すはずですよ。

writer / editor:酒井 大作