「一点もの」の住まいに出会おう。 カウカモでまさに一点ものの住まいに出会い、新生活を始められた皆さまを撮影させていただく「カウカモグラフ」。

今回は、noteで話題を呼んだ記事『オタク、家を買う』の著者、ノンちゃんさんのお住まいを訪ねました。


《プロフィール》
名前:ノンちゃん @shigoubana_kome
年齢:30代
職業:会社員(医療系)
趣味:ジャニーズ、ライブ観戦、料理

《この住まいについて》
場所:世田谷線沿い
間取り:1LDK
面積:約42m²
築年数:44年(取材時)
追加リノベ :なし
支払額:1.8倍広くなって、約1.5万円アップ

家を探し始めたきっかけ:広い家に住みたくなって
家探し期間:約半年
内見数:15軒

Q1:以前の住まいは?

ノンちゃん:「経堂」にある1Kの物件に住んでいました。本当に “帰ってきて寝るだけの場所” みたいな、寝室+αぐらいの狭い部屋だったんです。

コロナ前の時点で、もう少し広い部屋に住みたいなとは思っていたんですけど、希望の予算と広さで賃貸を探してみると、どうしても都心から離れる物件しかなかなか見当たらなくて。

お母さんから『東京は家賃が高いからマンション買っちゃえば?』とか『家賃って誰かのローンを肩代わりしてるようなもんだよ』って前から言われていたこともあり、いっそ買おうかなって気になっていました。

そんなことを友達にこぼしたら、不動産にめちゃくちゃ詳しいインフルエンサーたちを教えてもらって、中古のマンションを買ってリノベーションする手もあるんだなとか、ローンの組み方ってこんな感じなんだとか、色々学び始めました。

ノンちゃん:そうこうしていたら、コロナで緊急事態宣言が出て、狭い家から一歩も出られなくなっちゃったんですよね。 “現場” (アイドルのライブイベントなど)が中止になって、もう日々の楽しみがお取り寄せくらいしかない状況で(笑)『もう家を買わないとダメだな』って決心できたんです。

Q2:この街《世田谷線沿い》にした理由は?

ノンちゃん:もともとこのエリアが好きだったんです。職場の同僚たちとこの辺によくご飯を食べに来ていて『いつか絶対ここに住みたい』って思ってました。

前に住んでいた「経堂」は、大きな駅ビルがあってファストフード店やスーパーも揃っているので、便利ではありました。

最初はそういうところに魅力を感じていたんですけど、暮らしていくうちにもっと落ち着いた雰囲気で、個人でやってるおいしいご飯屋さんが多いような街が好きだなと気づいたんです。

Q3:この家に決めた理由は?

ノンちゃん:ここは本当に全てが理想的な物件なんですよ。入って3秒で『私ここにします!』って担当の野口さんに言いましたもん(笑)

まず、玄関の雰囲気からよくて。入ってすぐのところにあるドアがかわいいんですよ。廊下がコンパクトだからお風呂やトイレへの動線もいいんです。

ノンちゃん:憧れていた対面キッチンがあって、コンセントの配置まで “神” なんですよ!実際、料理がしやすいし配線も全然ごちゃごちゃしなくて。

ノンちゃん:何より一番の決め手は眺望ですね。角部屋だから窓がたくさんあるし、晴れた日は東京タワーも見えるんです!

Q4:《リノベーション済みの中古マンションを買う》以外の選択肢は検討した?

ノンちゃん:一瞬だけ新築も検討したんですけど、希望のエリアだとマジで高すぎて(笑)。それでリノベ済みかオーダーリノベできる中古物件を探すことにしたんです。

ただ、なるべくリノベ済みで好みにマッチする物件があればいいなとは思っていました。

もしリノベをしたら、工事期間が数ヶ月かかるじゃないですか。そうすると引っ越す時期も伸びるし、費用面でも上振れしてしまいそうだなと思って。

Q5: 購入にあたって不安に感じたことや乗り越えたことは?

ノンちゃん:ローン審査ですかね。来週契約を控えてるのになかなか審査が通らなかった時は本当に辛くて。『この家誰かに取られちゃう!』と思うと、毎日寝られなかったです(笑)

ここみたいに平米数の小さな物件って、銀行がお金を貸してくれにくかったり、金利が高くなることもあるみたいで。地方銀行からネット銀行まで色々あたって、なんとか無事に審査を通せました。

Q6:カウカモで家を買ってみてどうだった?

ノンちゃん:本当によかったです。最初はアプリやサイトで紹介している物件はすごく素敵なんだけど、私の予算的に合わないなって思ってたんです。

でも、中古リノベに詳しい会社に一度は話を聞いておきたいな、と相談してみたら『こんなとこありますよー』って予算内に収まるいい物件をたくさん紹介してもらえました。

野口さんは、話しやすくて提案のポイントも本当に的確で。私がネットで物件を見つけてくると『これはこれこれこういう理由で安いんですよ』とか『〇〇マンションはローン通りにくいですよ』ってすごく詳しく教えてくれたので、めちゃくちゃよかったです!

コロナで対面のコミュニケーションが難しい時期だったけど、カウカモアプリのチャット機能が便利でスムーズにやりとりできました。会話のログが見やすいし、気軽に画像を送ったりもできるので、メールや電話より全然いいですよね。

Q7:この家のお気に入りの場所やこれから楽しみにしていることは?

ノンちゃん:それはもうここから見える夜景!まわりの建物が低いから本当に見通しがよくて。両親が何回か遊びに来てるんですけど、毎回お父さんが窓際で飲んでますもん(笑)

これからの楽しみは、近所のお店を開拓することですね。ようやく緊急事態宣言が明けたから、夜もお店が開き始めて。今まで20時を過ぎると廃墟みたいに静かだったのが、活気づいてきて嬉しいです。

Q8:これから家探しをする人にアドバイスがあれば

ノンちゃん:ネットで検索するだけじゃなくて、とにかくいっぱい内見に行くことですかね。

この物件を即決できたのは、やっぱりそのおかげだと思います。実はここを選んだ決め手の「眺望」って、最初は全然気にしてなかったんです。前の家は一階北向きで窓がひとつしかないくらいでしたし(笑)。でも、三軒茶屋にある東京タワーの見える物件を内見してから、“絶対眺望重視” って感じにガラッと変わったんです。

他の物件と比較検討することで、大事にしたいポイントがだんだん見えてくるんだと思います。

ちなみに、こんなふうに家を買うってどんな感じ?と友達に聞かれることが増えたので、物件購入の記録をnoteにまとめてます。よかったらぜひ読んでみてください!