「一点ものの住まいに出会おう」。
カウカモで、まさに一点ものの住まいに出会い、新生活を始められた皆さまを撮影させていただきました。
記念すべき第1回目は、夫婦共にリノベーション業界に関わるおふたりの登場です。


PROFILE
◯ ゆうき / 20代後半 / 不動産仲介 / 趣味:ロードバイク
◯ まなみ / 30代前半 / インテリア商品の企画・開発・販売 / 趣味:フラメンコ

家を探し始めたきっかけ:
妊娠を機に。前に住んでいた部屋は3人暮らしでは狭かったため。

家探し期間:1週間
内見数:1件

Q1:この家のお気に入りの場所、好きなところ

家事室、オークの無垢床、キッチンの黒タイル!
洗面所と繋がった洗濯物を干せるスペース “家事室” が欲しかったので、普通の部屋としては狭いけれど、家事室にするにはぴったりの部屋がひとつあったのが良かったです。 キッチンの横で、パントリー(食品庫)にも使えます。また、角部屋で明るく、窓から見える木の景色も気に入っています。

Q2:家を買ってみてどうでしたか?

前に住んでた家がリノベーション物件でDIY可能だったので、もう普通の家には住めないなぁと思い(笑)、自分たち好みの空間を作れる中古マンションを買いました。いざ家を買って引っ越してみたら、意外と朝が気持ち良かったり、早く帰りたいと思うようになったり。たまに「いい家だ〜」ってニヤけてしまうことも(笑)。

Q3:これから家探しをする人に向けてアドバイスや家探しのコツなどがあれば教えて!

中古物件の場合、そのマンションにどんな人が住んでいるのかなど、内見時にチェックできるポイントがたくさん。案内してくれる不動産屋さんとも、感覚が合うといいですよね。

リノベーション前提なら、既存の内装は無視して大丈夫! どんな家にしたいか想像して、活かせるところ・直せるところを確認すること、嫌な部分を明確にすることも大事です。 ただ、やりたいことを詰めすぎるとごちゃごちゃしてしまうので、この家の場合、置きたい家具のサイズとテイストを先に決めてからプランニングしました。

あとは、事前に写真を集めたり、いろいろな事例を見てポイントを押さえたり、どこで何が買えるのか把握しておくといいと思います。 それと、解体って費用が意外とかかるので既存の間取りを活かすようにした方がいいですよ。

この住まいについて
〈場所〉駒沢大学
〈間取り〉3LDK
〈面積〉69.82㎡
〈築年数〉築40年
〈追加リノベ〉 トイレ、お風呂以外、ほぼ全ての場所をリノベーションした。
〈価格〉物件価格4,000万円台前半+リノベ費用400万円台

>あなたもカウカモで「1点もの」の住まいを探してみませんか?

>ほかのお家ものぞいてみよう。