「一点もの」の住まいに出会おう。
カウカモで、まさに一点ものの住まいに出会い、新生活を始められた皆さまを撮影させていただく「カウカモグラフ」。
今回は、下馬(世田谷区)に中古マンションを購入したご夫婦のもとを訪れました。


プロフィール
名前:ケンスケ / リナ
年齢:39歳 / 34歳
職業:会社員(営業職) / インテリアショップ販売
趣味:<ふたり共通>洋服・お酒、<ケンスケ>ジム通い・車・自転車、<リナ>アクセサリー制作・ネイル

この住まいについて
場所:下馬(世田谷区)
間取り:3LDK
面積:102.96㎡ +バルコニー 10.45㎡
築年数:築45年(1973年6月築)
追加リノベ:なし
支払い額(前の家に比べて):支払額2倍で広さ3倍以上に

家を探し始めたきっかけ:アパート更新のタイミング、増税、オリンピック

家探し期間:3〜4ヶ月
内見数:20軒以上(うちカウカモでは4軒)

Q1:以前の住まいは?

リナ:池尻大橋駅近くのアパートに住んでいました。更新のタイミングだったし、2019年には増税も予定されているし、オリンピックも近づいて来たのでやっぱり今かということで探し始めました。

ケンスケ:あとは、僕が転職して環境が変わったこともあります。

リナ:年齢的にもギリギリかなと、40過ぎたらきついかなと思ったので。家賃を払うならローン払った方がいいのではないかと。

ケンスケ:それと、前に住んでいた家は木造だったので、冬がえらい寒かったんです。すごく古いアパートの1階の角だったので。

リナ:隙間風もあったし、湿気が多く大事な洋服がカビてしまったり。なので、大事なものは近所にある彼の実家に置かせていただいたりしていました。でも、駅から2分くらいだったので立地はよいし、とても便利な場所でした。

Q2:この街《下馬》にした理由は?

ケンスケ:池尻が地元なんです。実家には母がひとりで住んでいるので、近所がよくて。それにやっぱりこのエリアは住みやすいし、馴染みがある場所なので。

リナ:すぐに実家に帰れる距離がよかったんだよね。でも池尻はびっくりするくらい売り物件がなかったね。

ケンスケ:実家が3階建てで、3階に50㎡弱くらいの使ってないスペースがあるので、そこに住めばいいじゃんと周りからは言われたんですけど、親は家を出なさいって。一応新婚だから気を遣ってくれたみたいで(笑)。

リナ:最初は実家をリフォームしようかという話もあったんです。二世帯住宅にして住むという案も視野に入れつつ、マンションを探し始めました。

ケンスケ:最終的には、マンション=資産という考えが強くなったので、エリアには妥協せずに探していました。

Q3:この家に決めた理由は?

ケンスケ:この物件が、自分たちがこんなふうにリノベーションしたいなと思っていた理想にすごく近かったんです。

リナ:キッチンもベストでしたし、広さもあったし、フローリングの感じも気に入りました。でも欲を言えば天井を剥き出しにしたかったんですけどね。

ケンスケ:剥き出しにして、植物や雑貨などいろんなものを引っ掛けたかったんですよ。

リナ:あ、結果的に、100㎡以上の物件を選んだんですが、100㎡は正直予算外でした。そもそもここまで広い物件は見つからないですからね。

ケンスケ:このエリアに55㎡以上の物件はなかったね。まあこの家も結局1,000万くらい予算からはみ出たけど(笑)。

リナ:でも相場からしたらすごい安いと思います。

ケンスケ:しかも駐車場も2台置けるスペースがついているのに追加料金もないし、屋根付きなんです。

Q4:《リノベーション済みの中古マンション》を買う以外の選択肢は検討した?

ケンスケ:カウカモさんは、実は浮気先だったんです。最初は別の不動産会社を見ていて、中古の未改装物件を買って自分たちでリノベーションしようと思っていました。

リナ:でも出てくるのは、出来上がってしまっているリノベーション済みの物件ばかりで。

ケンスケ:そこからいじるのがもったいないくらい、すごく綺麗に仕上がっていました。なかなかリノベーションしやすい物件が見つからなかったですね。

リナ:リノベーション工事済みなので値段は上がってしまっているし、ピンとくるものもなく・・・。

ケンスケ:そして買い逃しが何軒か続いてしまったんです。ワクワクしている間になくなっちゃったり、内見に行くのが遅れて現金一括購入の人に先に買われてしまったり。タイミングがすごく難しかったです。その不動産会社さんもすごく頑張ってくれたのですが、巡り合わず・・・。

カウカモの記事は、前から気になっていていつもすごく楽しく読んでいたんです。それで何軒か気になる物件があったので、急にご連絡して「明日とか明後日に見に行きたいんですけど!」って。

リナ:それで1日で4軒を内見したうちのひとつがここで、その日のうちに買い付けを入れました。

ケンスケ:それまでに15軒以上は見ていたので、あれだけ見ればどこを見ればいいとか、ここ逃しちゃダメだとかわかりますね。ちなみに新築は1軒も見なかったです。このエリアだと新築物件は無理だし、エリアを離れてまで新築にこだわる気はなかったので。あと、こういう古い造りの家が好きなんです。

リナ:よくわからない小窓があったりとかね(笑)。絶対意味ないよ! っていう、取れちゃいそうな窓も可愛くて。このマンションはめちゃめちゃレトロですよ。

Q5:購入にあたって不安に感じたことや乗り越えたことは?

ケンスケ:不安というか、心配ごとは耐震面です。このマンションは旧耐震で、耐震テストもしていないので。

リナ:まあでも今40年経ってもちゃんと建っているから大丈夫じゃん? くらいの感じでしたけど、個人的には(笑)。新しければいいというわけでもないですし。

ケンスケ:大きい地震が来たら、新築でも戸建でも倒れるものは倒れるからね。

リナ:その時はその時でしょうがないよねと。

リナ:そういえば、契約前に、漏水で壁が一部分歪んでいたっていう、ちょっとしたトラブルはあったね。

ケンスケ:最初はよく見ていなかったから気がつかなかったのですが、家具の配置確認のために部屋の寸法を計りに来た時に、なんか一箇所壁が歪んでいて。壁に亀裂が入って、外から水が染み込んでいたみたいで。契約前だったので、おぉ!? と思ったのですが、カウカモさんの対応も早かったし、理事長さんがすぐ手直しの手配をしてくれて、ちゃんと足場も組んでしっかり直してくれました。その理事長さんがめっちゃ気さくな人だったのもあって、逆に安心できました。

Q6:カウカモで家を買ってみてどうだった?

ケンスケ:通勤中はずっとカウカモのアプリを見ていましたね。気になる物件を検索しやすいし、検索結果が地図上に表示されるのが見やすくて超便利でした! 価格変更があった物件もわかりやすかったし、夫婦での情報交換もしやすかったです。あと、アプリだと非公開っぽいのも見れたのがよかったよね。

リナ:リノベーション工事期間を含めて春までに終わるようにという期限があったので、とにかくたくさんの物件を見ていたんです。

ケンスケ:3回も買い逃したので、楽しかったりイライラしたり落ち込んだり・・・といろいろあったのですが、カウカモと出会って結果的にこの家を買えてよかったよね。

リナ:ね。ここはすごく静かですし。小学校が目の前なので、平日は子ども達の声が聞こえていいですよ。

Q7:この家のお気に入りの場所やこれから楽しみにしてることは?

ケンスケ:俺はキッチンかな。

リナ:そうだよね。私もそうかなぁ。料理しつつ、お酒を飲めるという。

ケンスケ:あとこのどでかいリビング。

リナ:畳のスペースはアイロンがけにちょうどよくて。贅沢なスペースです。私は日中そっちでまったりしています。

ケンスケ:仕事から帰るときはワクワクしますね。家にいる時間が楽しいので、家でやる趣味を見つけたいなと思っています。

リナ:今までバタバタで、やっと部屋が片付いたんです。

ケンスケ:やっと一区切りだよね。あ、あとライフスタイルが変わったかな。早起きになりました。通勤時間が伸びたせいです(笑)。でも全然苦じゃなくて。朝焼けで部屋がオレンジ色になるんですよ!

リナ:綺麗だよね〜。日中も全然電気とかいらない感じ。夜もブラインドを開けっ放しだったりしています(笑)。天気がよいと富士山も見えます。

ケンスケ:夜は電気の数を減らして、わざと暗くしています。あとこれからは、植物を育てたいよね。

リナ:ワンサカね。日当たりがいいからきっと育つと思うよ。

Q8:これから家探しをする人にアドバイスがあれば教えて!

ケンスケ:みんながよく言うのがわかったけど、「お家探しってご縁」ですね。

リナ:本当にそう思う。タイミングですね。

ケンスケ:ご縁と、一緒に動いてくれる不動産屋さんとの相性かな。一生懸命動いてくださったのでスムーズにいった部分があったので。

リナ:ここの関係がギクシャクしているとうまくいかなかったと思います。

ケンスケ:あとなるべくあれだね、担当さんには火曜・水曜(週休日)は連絡しないように気をつけた方が良いよね(笑)。たまに忘れていてチャットで火曜日に連絡しちゃったりすると、「あ! やべ、送っちゃった」みたいな(笑)。なので、担当のエージェントさんを対等に考えないといけないなと。絶対お客さんだから上から目線の人っているんですよ。でも、そういう人は絶対いい家が見つからないと思うな。

リナ:そうだよね。あとは、大変だけど家を買うのは楽しかったですね。こんなにたくさんの物件を見たり決めたりする機会は他に絶対にないですからね。一生に一度だからいいけれど、労力的に何度もやりたくはないですね(笑)。

ケンスケ:まあお金もないしね(笑)。

リナ:週末のいい時間の使い方をしたのではないかと思います。

ケンスケ:楽しかったよね! ドキドキがあって。やっぱり楽しんでやるのがいいですよ。

>あなたもカウカモで1点ものの住まいを探してみませんか?

>cowcamo graph《カウカモグラフ》のほかのストーリーもcheckしてみよう。

>池尻大橋の街の魅力については、こちらをどうぞ。
【 #池尻大橋 】パンとコーヒーだけで絵になる街 / TOLO PAN TOKYO