カウカモ編集部、総勢11名による2018年・大忘年会! 東京の街を愛してやまない私たち、会場に選んだのは「中央線沿線」。吉祥寺→中野、朝から晩まで各駅を味わい倒しました。内輪のドタバタ劇はご愛嬌、年末だから無礼講。どうぞ中央線の魅力と、編集部メンバーの人間味を感じてください(笑)


皆さま、年末のひととき、いかがお過ごしですか? カウカモ編集長の伊勢谷(いせたに)です。

カウカモというサービスを始めて、お陰さまで早3年半。今年は急激にメンバーが増え、編集部も社員数11名の大所帯となりました(ライターさん、カメラマンさん、レタッチャーさん、アシスタントさんを加えると実に編集部全体で28名! )。

まず簡単に編集部の構成をご説明させていただきますと・・・

✔︎ 編集長:ayako(わたし / 母)
✔︎ 各種ライティング / 物件プロデューサー:wakana-thang(父)
✔︎ 物件記事担当:go(祖父)/ shoko(長女)/ yukach(次女)/ mocha(三女)/ uen(長男)/ daisaku(次男)
✔︎ マガジン担当:tamo(叔母)
✔︎ イベント担当:daichan(双子の兄)/ naomichi(双子の弟)
※ 英字は社内のコミュニケーションツール「slack」で使っているslackネームです。

ええと、いきなり何だって・・・?(笑)

実は我々編集部、社内で自分たちのことを「家族」と自称しておりまして。編集部生みの親であるわたくし、そしてwakana-thang。そこに長女のshokoが生まれて叔母のtamoさんがやってきて、イベントの部署と統合したときには独り者だと思ってたdaichanが後から双子になったり・・・と、説明しても理解できないですよね(笑)失礼しました。とにかく、普段のミーティングは「家族会議」と題してアレコレ動いております。

そんなわたしたち家族、本当に東京の街を心底愛しているんです。年末が近づいてきた頃、当然忘年会の話題になる訳ですが・・・一旦、以下のやりとりをご覧ください。

ハイ、そんな訳で、遊びを仕事に変えちゃいました(ただ飲みたい訳じゃないんですよ、本当ですよ? )。12月の頭に家族会議を実施し、駅ごとにキャラクターがまったく異なる「中央線」を攻めるのが面白そうよね、ということで会場が決定。その後、各自どこをレペゼンしたいか意見を出し合い、当日のスケジュールを決めました。これから続く長い記事の目次用にも、一旦以下のスケジュールを皆さまに共有させていただきます。

1)10:30 吉祥寺:shoko / それぞれ朝ごはん買って井の頭公園に集合
2)11:30 吉祥寺:tamo / UP LINK(有坂さん)
3)12:00 西荻窪:go / 松庵文庫へお礼参り
4)13:00 西荻窪:daichan / 好きな飲食店まわりながら戎で昼飲み
5)15:30 荻窪:wakana-thang / ニューコミヤのソフトクリーム
6)16:30 阿佐ヶ谷:uen / 寿々木園で釣り
7)16:30 阿佐ヶ谷:yukach /  gionのブランコ席でクリームソーダ
8)17:30 高円寺:naomichi / 小杉湯でひとっ風呂
9)17:30 高円寺:mocha / はちグラムでシーシャ
10)19:30 中野:daisaku / 中野ブロードウェイ探訪 + 北口飲み屋
<ワールド会館の前で冬の決め写真>
11)22:00 中野:ayako / 中野サンプラザでボーリング

個性豊かな編集部メンバーなので “記事の書き口もバラバラになるだろうな” とニヤニヤしつつ・・・せっかくなので、文体はほぼ触らずに編集していきたいと思います。

それでは皆さま、いってらっしゃい。14時間に及ぶ、編集部大忘年会の始まりです!!


【10:30】まずは「吉祥寺」に集合!
住みたい街の朝をのぞいてみよう

カウカモ編集部忘年会、待ち合わせの地となった「吉祥寺」。駅ビル「アトレ吉祥寺」「キラリナ京王吉祥寺」にはじまり、「吉祥寺サンロード商店街」など複数の商店街が入り混じり、その間にはかつて闇市だった飲屋街「ハモニカ横丁」も。駅から少し離れた距離に大型商業施設が点在し、自然豊かな公園を構える。街全体の回遊性が高いことから、路面店もバラエティに富む。
 
“住みたい街ランキング” の印象は強いのですが、生まれて此の方この街に住み続けている私からしても、本当に便利で住みやすい街なんですよねー。とにかく街へ出れば欲しいものが揃う。休日に人で溢れかえるところはご愛嬌ですが。

この写真だけでどこか分かったあなたは立派な “吉祥寺通” !? そうです、こちらは駅から「井の頭恩賜公園」へと向かう階段!

みんなで階段を降りて向かう先は・・・? 休日は人で賑わう公園も、平日の午前中は穏やかな空気が流れています。

みんなー! 持ってきた朝ごはん見せてー!

「Boulangerie Bistro EPEE (エペ)」のパン、「チャイブレイク」のマサラチャイとジンジャーチャイ、「ケーニッヒ吉祥寺店」のホットドッグに、ボート乗り場横の売店「パークス スワン」の三福だんご・・・そして、ビール片手のメンバーも!

残念ながらスワンボートは定休日だったので、池を眺めながらの朝食。このあとのスケジュールを確認しつつ、まずは腹を満たします。みんなでボート乗りたかったなあ。

編集長は旧自邸「井之頭パークサイドマンション」を眺めながら。私も取材で訪れましたが、マンションの屋上から見た公園ビューは圧巻でした!

さあ、ここから14時間にも及ぶ忘年会がはじまります・・・!


【11:30】今月パルコ地下に待望のミニシアターオープン!
“これこそ吉祥寺だよね”

さあ、井の頭公園で朝ごはんを食べた後は、今月吉祥寺PARCOの地下2階にオープンしたばかりのミニシアター「UP LINK(アップリンク)吉祥寺」へやってきました!

映画といえば、この方! カウカモでいつもお世話になっている、移動映画館キノ・イグルー有坂塁さんをスペシャルゲストにお迎えし、館内を案内してもらいました◎

地下2階に降りるエスカレーターでハイポーズ。年末のお忙しい時期に駆けつけてくださった有坂さん(先頭)。今月開催したばかりのイベント「映画××クリスマス」のレポートはこちら

気になる場所にはフットワーク軽くどこへでもな私tamo、「あなたのために映画をえらびます。」という有坂さん主催のイベントにプライベートで参加→そこで距離を縮め(笑)、カウカモマガジンで取材依頼。その後、カウカモのイベントに何度もご登壇いただくような関係性になったんですよ!

左:さあさあ、それはさておき中に入りましょう。エスカレーターを降りるとそこには、アップリンクのロゴと青く輝く矢印マークがお出迎え。/右:矢印の指す方向には、青の洞窟が待っていて・・・。

引き込まれるように進んだ先には、こーんな空間が広がっていました! ちなみに、ここ「アップリンク吉祥寺」は、“映画を観る体験を特別なものにする” 映画館。5つのスクリーンで、世界の映画祭で話題の作品をはじめ、アート系作品、インディーズ作品などが楽しめます。

コーラ大好きなwakana-thangは、スパイスの風味が効いた「クラフトコーラ(伊良コーラ)」をお買い上げ。初耳のクラフトコーラ。これ、とっても美味だったそうですよ♡

実は吉祥寺住まいの有坂さん。自分の住む街にアップリンクができたことが嬉しすぎて、なんとオープン初日に5本も映画を見に行ったそう・・・! 凄すぎ! かつて吉祥寺に存在した「吉祥寺バウスシアター」の閉館から早4年。もう一度、あんな映画館ができないかなぁという思いに、想像を超える形で応えてくれたのがここだったそうです。インディーズの映画館が愛される街こそ、真の吉祥寺!

メジャーな商業施設とインディーズ系の映画館が手を組むこと自体、実は日本初なんですよ」とも有坂さん。へ〜〜。ちなみに、展示スペースでは、有坂さんのお名前&展示作品を発見! さすがです。  

ずらりと映画のポスターが貼られた通路も。ここでは次に見たい映画が見つかっちゃうこと間違いなし。

・・・と、惹かれるポイントだらけでもっともっと映画の世界に浸りたいところですが、今回は時間がなく断念。。。次こそは! な決意を胸に、お隣駅「西荻窪」に向かいますよ〜!